このページの先頭です

ムダ毛処理が目的の男性がすね毛を脱色するメリットとデメリット

101views

投稿日:

知っておきたいすね毛を脱色する場合のメリットデメリット

すね毛を脱色したいなら、ムダ毛専用の脱色クリームという方法があります。男性用化粧品としてドラッグストアにも売られているので買うのも恥ずかしくありません。脱色したい部分にクリームを塗ってしばらく放置し、シャワーで洗い流すだけできれいに脱色できます。すね毛が太く濃い人でも、日を置いて何回かクリームを塗れば茶色から金色のような色になります。

脱色クリームですね毛を脱色するメリット

いちばんのメリットは手軽なことです。カミソリで剃るとなると、毛深い人だときれいになるまでかなり時間がかかりますし、肌にダメージを与えるので肌荒れにもなりやすいです。その点、脱色クリームなら、すね毛部分に塗って15分ほど放置するだけで、あとはシャワーで洗い流すだけできれいに脱色できます。髪の毛の脱色より簡単です。

また、すね毛の色が薄くなると肌の色と同化するため、毛の量は変わらなくてもパッと見では濃く見えません。毛の色が黒い日本人には特に合っている方法でしょう。

脱色クリームですね毛を脱色するデメリット

デメリットは近くで見られると逆に目立つことです。ふつうに歩いたりしているだけなら、道ですれ違っても違和感はないですが、居酒屋などで座敷に上がる時など近くの人に脱色していることがわかってしまいます。毛深いすね毛がコンプレックスで脱色したにもかかわらず、脱色していることがバレるのが恥ずかしいようでは、そもそも脱色するメリットがありませんよね。

また、脱色した時には自然に見えても、少し時間が経てばすね毛も伸びてくるので、毛の根元の部分だけ黒くてさらに目立ってしまいます。全体が黒い場合はそこまで目立たなくても、金と黒のツートンカラーになってしまうと一目でわかってしまいます。

そのため、脱色するなら週に1~2回は脱色クリームを使うことになりますが、あまり使いすぎると肌を痛めてしまうのがデメリットです。

ムダ毛処理が目的なら除毛クリームの方がおすすめ

このようにメリットとデメリットを比べると、毛深いのが恥ずかしくてすね毛を処理したい人には、脱色するのはベストな方法とは言えません。カミソリで剃るよりはかかる手間は少なくなりますが、脱色では毛の量も太さも変化しないため、すね毛だけ茶色や金色にすると逆に目立ってしまうでしょう。

それなら、すねに塗って少し放置してから洗い流すだけという手間が同じの、除毛クリームの方がムダ毛処理という点では効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です