このページの先頭です

長年の不快感とおさらば!メンズ脱毛でスッキリしよう!

112views

投稿日:

こそばゆい感覚がする理由

街を歩いていると急にすね毛のあたりがむずがゆくなることがあるものです。そこで足を見てみても特に何も無く、ただ風に揺られた自分の毛が自分の足をくすぐっているだけだったりします。もしくは何かの弾みですね毛が絡み微妙な刺激を足に与えていたりすることもあるでしょう。体毛というのは弱い組織に見えて繊細で敏感な刺激に反応するようにできているのです。

実は体毛は人間が備えている感覚器官の1つだったりします。より正確に言うなら、毛の根元には神経が繋がっているため外部に露出している毛に伝えられる刺激が触覚として脳に届くのです。特にこの触覚への刺激に弱い方や濃い体毛をもつ方は悩みとなるかもしれません。ですがこれを改善する方法としてメンズ脱毛という対策があります。

メンズ脱毛をすれば全身の毛を無くすことができるので、成功すればわずかな刺激にいちいち煩わされる必要も無くなるわけです。ここで「そのような感覚器官を無くしても大丈夫なのかな」という疑問が沸き起こるかもしれませんが、問題ありません。

なぜなら私達は通常、毛を使って対象物を調べるということはしないからです。ネコの髭は距離感を測る素晴らしいセンサーとして機能しますが、私達の髭やムダ毛にはそういった優秀な機能はありません。ただ単に毛の根元にある神経に刺激が伝わるだけです。そのため体毛は無くても何の問題も無いと言えます。

人間は猿から進化していく内に段々と体毛が薄くなりました。それは進化の過程で体毛の存在が不要であると言うことの証明です。もっと時代が経てば体毛はより薄くなるかもしれません。なぜなら毛のメインの目的である保温機能は服を着ることで解決しているからです。

人間のテクノロジーの進歩に進化が追いついていないだけであって、現状、体毛はやはり重要性の低い器官と言うことができます。もし毛の微妙な感覚が気になるなら遠慮せず脱毛してしまいましょう。

脱毛できる箇所は全身

私達の体には様々なところに体毛が生えています。いわく髭、すね毛、せな毛、腹毛、胸毛、と数え上げたらキリがありません。そんな無数に生えているムダ毛ですが、どんな箇所であっても脱毛処理をする事は可能です。それがたとえ陰部やでん部であってもできますし、むしろVIOラインと呼ばれているそれらの箇所は脱毛においてメジャーな箇所だったりします。

VIOラインというのは次の3つのラインを示しています。

  • Vライン:股間前面のV字ライン
  • Iライン:陰部から肛門にかけての縦ライン
  • Oライン:肛門周辺のライン

どれもアルファベット通りのラインとなっているわけです。VIOラインは常に服の中にあり排泄器官に近いためムレやすく不快を感じやすい場所でもあります。そのため脱毛したいと考えている方も多いのでしょう。すね毛や髭を処理するときにはVIOラインの処理について考えておくのも良いかもしれません。

このように処理する箇所は全身どこでも選ぶ事ができるのですが、それぞれ料金が異なる点については注意が必要です。メンズ脱毛サービスを展開する脱毛サロンや脱毛クリニックでは脱毛部位ごとに異なる料金を提示していて、店舗ごとに設定も異なります。脱毛処理に必要な通院回数も比較しつつお得なサービスを見つけていきましょう。

それから痛みについても考慮しておくと良いかもしれません。先ほど見たように、毛は感覚器官であり根元は神経に触れています。脱毛処理は毛の根元の細胞を壊すことになるので、それなりに痛みを伴うことになるはずです。

ただ施術方法によって痛みの強さは変わりますし、麻酔を使えば楽に処理を進めることができるようになります。様々な要素を比較検討しつつ後悔しないように脱毛していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です