このページの先頭です

キレイに処理したい男性のためのすね毛の正しい剃り方

40views

投稿日:

キレイなすね毛の剃り方を知っておこう

カミソリを使えば濃いすね毛でも簡単に処理できますね。しかし、間違った剃り方をすると、剃り残しの毛が太く見えて逆に毛深く見えたり、肌を傷つけて炎症を起こしたりしてしまいます。そこで、肌を傷つけず、かつ、きれいにすね毛を処理したい男性のために正しいすね毛の剃り方をお伝えします。

 

剃る前の準備

いきなりすねにカミソリの刃を当てるのは厳禁です。まずは下準備として肌を柔らかくするためにお風呂に入りましょう。肌に潤いを与えて柔らかくするにはシャワーよりも湯船に浸かることをおすすめします。また、潤いを与えると肌だけでなく毛も柔らかくなるため、軽い力できれいに剃りやすくなり、肌を傷つける心配も少なくなります。

肌が温まって柔らかくなったらいよいよ剃り始めますが、その前に衛生面を考えてお風呂から上がった方がよいでしょう。お風呂から出て体が温まっているうちに肌の表面の水分をタオルなどで拭いてから、ボディクリームやシェービングローションを塗ります。

 

実際の剃り方

すね毛が剛毛の人や毛が長い人の場合、いきなり刃を押し当てるように力強く剃ると、毛が引っ張られますし肌を傷つけてしまいます。毛が長い人はあらかじめハサミやバリカンなどで短くしてからの方が剃りやすいです。

剃り方ですが、まずは毛の流れに沿って膝から足首に向かって肌を引っ張りつつ剃っていきます。1回で剃れない部分は、毛の流れに逆らって逆向きに剃っていきま。しかしこれは肌を痛めやすい剃り方なので、この場合も肌を毛を剃る方向に引っ張って毛を立たせるようにして剃りましょう。

だいたい剃れたら、タオルで拭いたりシャワーで洗い流したりしてクリームやローションごと毛を拭き取ってください。剃り残しがある場合は、カミソリは使わず電気シェーバーで処理しましょう。カミソリの刃を何度も当てるのは肌の負担が大きくなります。

あとは後処理として、冷水や濡らしたタオルで肌を引き締めます。鎮静作用もあるので肌荒れを防ぐにもこのプロセスは大切です。そして、最後に保湿クリームを塗って肌を保護します。

同じカミソリを長期間使わない

カミソリは使えば使うほどに刃の切れ味が悪くなるため、1カ月も使ったら新しいものに替えるようにしてください。

多くの人がやってしまいがちなのですが使い捨てのカミソリを長期間使い続けるのは肌荒れの元です。何度も買い替えるのがもったいないという人は、替え刃タイプのカミソリがおすすめです。

また、使い終わったカミソリはお風呂場で保管せず、水分を拭きとって乾燥させてから別の場所に保管するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です