このページの先頭です

メンズ脱毛|ムダ毛自己処理の注意点を方法別にまとめて紹介

123views

投稿日:

肌や毛穴を傷つけないように気をつけて行いたいムダ毛の自己処理

カミソリで表面の毛を剃る

ムダ毛を自己処理する際に手早く簡単に済ませられるのが、カミソリを利用して肌表面に生えている毛を剃る方法です。腕毛やすね毛、胴体、髭など部位を選ばずに使用できます。しかし、カミソリを肌に滑らせることで肌の保護に必要な角質まで削ぎ落としてしまい、傷ついた肌から雑菌が入って炎症を起こしたり、毛穴が化膿してしまうことも珍しくありません。

カミソリを使って処理をする際には、オイルやクリームを利用して刃が肌表面を滑りやすい状態にし、摩擦を起こさないように毛の流れに沿って剃っていくのがポイントになります。

逆剃りをすると深く剃りすぎてしまい肌の負担が大きくなってしまう点を注意してください。処理が頻繁になる分肌にダメージを与えやすいことを考えて、1回1回を丁寧に行っていくことが大切になります。

除毛クリームを利用して毛穴まで綺麗にする

毛穴の奥まで綺麗に処理できるのが除毛クリームです。アルカリ性の薬剤を塗布することで、タンパク質と反応して体毛を溶かして処理をしていきます。一度に広範囲を処理できますし、除毛クリームを使用した部位は仕上がりがチクチクせず、毛穴まで綺麗になるので黒いポツポツも残りにくいのがメリットになります。

ただし、薬剤を肌に塗ることで皮膚にも少なからず影響が出てしまうことが避けられませんので、敏感肌のかたにはあまり向いていない方法です。必ず使用前にパッチテストを行ってから処理をしてください。また、使用できる部位が限られており、髭やアンダーヘアなど、敏感な部位に生えているムダ毛には使えません。トラブルが起こらないように慎重になる必要があります。

ワックスで脱毛する

毛抜きでムダ毛を1本1本抜いていくのは骨が折れます。これを一気に処理できるのがワックス脱毛です。粘着力のあるワックスを脱毛したい部位に塗り、一気に引き剥がすことでムダ毛を毛根から取り除きます。

しかし、その分非常に激しい痛みを伴うことが避けられません。男性の体毛は全体に太く丈夫なため、その分刺激も強いものになります。また、すね毛や腕毛などの目立つ部位の処理が簡単にできますが、勢いよくワックスを引き剥がす際、角質が取れるだけではなく薄皮まで捲れてしまうことも多く、そこから炎症を起こして見た目が悪くなっては意味がありません。

処理後に肌が赤くなったり出血を伴うこともありますので、使用後は必ず肌を冷やして休ませるようにし、炎症が起こったら薬を塗るか皮膚科医に相談するなど、早めに対応を行ってください。

家庭用脱毛器で根気よく処理をする

昨今では性能のいい家庭用脱毛器が手頃な料金で売られており、全身手軽に光脱毛ができるようになりました。しかし、エステなどで行われているメンズ脱毛に利用されている機器と比較して出力が弱い分、短い間隔で回数を多くかけて処理し続けていかなければ思うような結果を得られません。

根気が必要となってきますから、処理に充てられる時間を確保できてコンスタントに続けられるかたに向いています。

家庭用脱毛器は、自分に合った出力を把握しない、処理前後に部位を冷やすことを怠るなどした場合、火傷をしてしまいやすくなってしまいます。メンズ脱毛に通わなくても自分で脱毛できるのは手軽ですが、万が一トラブルが起こっても完全に自己責任となりますので、説明書どおりに使用し、前後のケアを怠らずに、必ず冷やしながら行うようにしてください。

また、処理が進むとその部位からはムダ毛が生えてこなくなってきます。後悔しないように、髭やアンダーヘアを処理する際にはしっかりと形を決めてから脱毛していきましょう。

自己処理をする際には保湿をしっかりと行おう

肌を守るために保湿を怠らないこと

エステで行うメンズ脱毛でも、施術後には必ず念入りな保湿が行われます。どんな方法で自己処理を行うにせよ、最後には負担をかけた肌を労わるためにしっかりと保湿をすることが大切です。

化粧水やオイル、ボディクリームなど保湿グッズを駆使して、日頃から肌を乾燥させないようにすることでムダ毛が濃くなることも防げます。保湿を習慣化してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です