このページの先頭です

男性も大注目!アンダーヘア脱毛に挑戦しよう!

149views

投稿日:

メンズ脱毛でVIOラインを綺麗にするメリット

男性でもアンダーヘアの処理が必要な理由

メンズ脱毛で人気なのは日々の処理が大変な髭、露出する機会が多いすね毛などが挙げられますが、VIOラインの施術を希望するかたも少なくありません。個人でムダ毛が生えている範囲が異なりますが、濃いかたになるとVラインが太ももの付け根から下腹にまで及ぶなど、あまり清潔感のある状態には見えません。

排泄器官近くに濃いムダ毛が生えていると衛生面でも問題が出てきてしまい、汚れや臭いの原因になるなどデメリットも出てきてしまいます。

メンズ脱毛でアンダーヘアを処理することにより得られる効果には、このようなものあります。

  • 下半身の蒸れが気にならなくなる
  • 下着からムダ毛がはみ出ることがない
  • 清潔な見た目になる
  • 排泄時の汚れの処理が楽になる
  • 臭いが軽減される

どのくらい毛の量を減らしたいのか、Vラインをどういった形に残したいのかは初回カウンセリング時に話し合って決めていきます。施術の回数を重ねていくとムダ毛が生えてこなくなりますから、元の状態には戻らなくなりますので後悔しないように慎重に毛の量を調整していくことが大切です。

なお、全体の量を減らしたいという場合には、数回アンダーヘア全体に照射を行います。一時的に無毛状態になりますが、繰り返していくうちに再生してくる毛が細く短くなってくることで見た目を整えることが可能です。

男性のアンダーヘア脱毛の範囲について

メンズ脱毛で行われるアンダーヘアの施術の範囲は、Vラインの場合、直立した状態で太ももの付け根から扇状に中央に向かって生えているムダ毛を指しており、逆三角形、スクエア、卵形など、残しておく毛をデザインできます。

Iラインは睾丸やその周辺のムダ毛で、肛門まで繋がるラインに生えているものも含めます。Oラインは肛門周辺から直径5cm程度の範囲を指し、人によってツルツルだったり、びっしり生えているなど個人差があります。

アンダーヘアは自己処理が非常に難しく、髭やすね毛などのようにカミソリやシェーバーで綺麗に整えられません。また、剃っただけではすぐにチクチクしてきてしまい、下着の中で不快感を覚えることもあります。デリケートな範囲だからこそ脱毛で毛の量を減らし、自己処理が必要ない状態に整えることが望ましいのです。

需要が高まってきたことにより、リーズナブルな料金で施術を提供する脱毛サロンも増えてきています。男性スタッフのみが対応するなど利用者にも配慮しているところが多いので、まずは気軽にカウンセリングを受けるのがおすすめです。

施術はどんな格好で行われるのか

一般的な施術方法について

Vライン脱毛の場合

Vラインの場合には下着を脱いで仰向けになり、下半身にタオルをかけた状態で少しずつ照射するところを露出させながら施術を行います。一瞬チクっとする鋭い痛みを感じますが、IOラインに比べると比較的我慢しやすい範囲です。

Iライン脱毛の場合

仰向けに寝て、片足を折り曲げた状態で照射していきます。敏感な部位で痛みを感じやすいため、気になる場合には出力を抑えるように調整をしてもらうのがおすすめです。何回か回数を重ねていくと毛の量が減っていき、それと比例して痛みが少なくなっていきます。

Oライン脱毛の場合

肛門周りはうつ伏せになるか、立て膝の状態でお尻を左右に開きながら照射を行います。施術の中で最も恥ずかしい部位だとされていますが、慣れてくると気にならないというかたがほとんどです。

事前準備は脱毛サロンの指示に従う

アンダーヘアの脱毛を行う場合も施術の前に事前処理が必要になりますが、IOラインの難しい範囲は無理に処理をして肌を傷つけてしまう可能性がありますので、当日スタッフにお任せできる場合がほとんどです。脱毛サロンごとに対応が異なりますから、カウンセリング時の指示に従ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です